【ガンプラ塗装環境さらす】マンションやアパート省スペースでおすすめのエアブラシ塗装ブースはこれ。その他塗装関連品も

どうも、30代独身、部屋間取り1K住まいの犬小屋おじさんです。

今回は私が使っている塗装ブース、塗装環境についてご紹介します。

コンパクトな塗装ブースなので気に入っています。その他塗装関連部品も紹介。

 




省スペース塗装ブース環境、高儀 EARTH MAN スプレーブースセット

私が使ってるのはコレ。

折り畳み式の塗装ブースです。
商品説明からサイズの引用↓
  • 本体サイズ(収納時):約長さ150×幅420×高さ250(mm)
  • 本体サイズ(使用時):約長さ485×幅420×高さ335(mm)

収納時

かなりコンパクト100均マルチパネルラックの半分くらいのスペースに収まります。

⑥のところにコンプレッサーとともに収納。少しはみだしてますが気にならない程度です。

塗装時の塗料カスゴミが出たりするので袋に入れて収納しています↓

ちなみにホースはクローゼットにしまっています。

 

 

塗装時

こんな感じ。フリーマルチパネルの上において使っています。↓

 

 

フリーマルチパネルは塗装時は延長します。半分の大きさのパネルをつけます↓

これを付けることによって、はみ出さずおさまりが良くなります。

 

 

ホースはこんな感じ、排気ポート(掃除機の口みたいなとこ)とホースの差し込み口は

曲げると外れやすいのでガムテで固定です。↓

 

 

コンプレッサーは下に設置↓

 

 

左に塗装ベース、右にエアブラシ受けを設置。ブース内の底は塗料で汚れつきやすいので

いらない紙、キッチンペーパーを敷く。奥の瓶は薄め液。

フィルターは100均のエアコンフィルターを元々のスポンジ

フィルターの上に巻いています↓

 

 

 

最近はフィルターが痛んできたので何か安く上がるものはないかと探していたら

100均の猫の爪とぎが使えるのではと思い設置。そのままだと横幅が長いので

少しカットして、ガンプラの元箱を切ってコの字に曲げただけの台をつくり高さ調整↓

 

 

 

このタイプの猫の爪とぎです。ダイソーで入手。穴が大きいので吸引力にも

影響が少ないかと。

箱は捨てないで、使いおわったら収納してます↓

 

 

ちなみにこっちのリアル猫ちゃんパッケージの爪とぎは塗装ベースに使ってます。

穴のサイズが小さめで、持ち手をさすのにちょうどよい↓

 

持ち手はコレを使用、大量に入ってお買い得かと↓


コンプレッサーはコレ、1/100サイズを塗装した時も問題ないエア圧

でした。HGには十分すぎます。

楽天で購入↓

 

 

amazonにもメーカーが違いますが、同じ?

タイプにしか見えないものも販売されています↓

 

 

あと、肝心なエアブラシはコレ↓

上記のコンプレッサーに付属してたものを最初使っていたのですが、分解したときに

ニードルをまげてオシャカに・・・

つかってみて、さすがタミヤ。かなり使いやすい。作り、塗料出の調整。ボタンの動き。

5000円くらいで、エアブラシでは高い部類ではないのですが、私には十分です。

補修部品も手に入るので、長く使っていければと思います。

 

 

まとめ

今回は犬小屋おじさんの塗装環境をさらしてみました。

塗装ブース収納するのは手間ですが、かなり省スペースで使えるのでお勧めです。

今回も100均アイテム(マルチパネル、フィルター、塗装ベース)

いろいろ使えるものが多いですね。神か・・・

この記事がお役に立てれば幸いです。

みなさんもワクワクするガンプラライフを。

 

・関連記事

ガンプラ製作環境をさらす。素組から塗装までする省スペース部屋(一人暮らし、賃貸)

ガンプラの製作の道具、100均で買っておいて損しない厳選11の道具たち おまけあり