ガンプラ用撮影ブースを評判のダイソーの商品で自作してみたら、メリットだらけだった件

ガンプラ用の撮影ブースをできるだけ安く,そして綺麗に撮影したいという方向けに

ネットで話題の百円均一のダイソー商品で作ってみました。使ってみたらメリットいっぱいでした。




100円均一撮影ブースのメリット

 

□4つのメリット

・安い! 安さは正義!

・十分綺麗にとれる (素人モデラーの私でも。)

・使わないときは、ラックとして使える。(本来の用途ですが)

・片づけ、組み立てが簡単

 

 

必要なもの 費用は1100円

・組み立てラックシリーズ フリーマルチパネル(355mm×355mm) × 5

・連結ジョイント(4個入り)×2

・70×60cmのフェルト ×1

・9MSD&1LED BOXライト ×2

・クリップ

以上11点

なので1100円ですね。

フェルトは背景紙に使います。画用紙だと耐久性が弱いと思いまして。このサイズがちょうど良くておすすめ。

ちなみにライトは電池別売りなので、お家になければダイソーで買っちゃいましょう。

 

・マルチパネル組み立て

 

 

・フェルト 70×60cm

 

 

・ライト

・クリップ (これじゃなくてもよい)

組み立ては簡単

連結ジョイントにマルチパネルを差し込んでいきます。(連結ジョイントの向きは地面側に平らな面がくるように)

フェルトを半分に折ってクリップで背面のマルチパネルに固定します。半分にするとマルチパネルの1枚分にピッタリあいます。

かつ、長さも十分あります。

 

ライトを配置して完成

 

置き方をかえてみて明るさを調整したり↓

 

ライトを追加したりして調整↓

 

こんな画像が撮影できます

 

 

最後に

 

実は最初にamazonで小さい撮影ボックス(PULUZ 撮影ボックス )を買って失敗でした。少々大きいHG(νガンダムなど)を撮影しようとした際、小さくて、やりづらかったので今回の100円均一ブースは本当に作ってよかった。

1/100サイズでも問題なく撮影できます。

1/100サイズを撮影しようと思ったら、40cm四方はほしいので完成品で3000円以上はしますから、この撮影ブースのコスパおそるべし。

ちなみに私はこのマルチパネルの利便性にはまってしまい連結して使用してます。

塗装ブースを使う時もこれに乗っけて塗装してます。

他にも100均の道具たちは有能こちらも良ければ見てください⇒ガンプラの製作の道具、100均で買っておいて損しない厳選11の道具たち おまけあり

 

そして、より綺麗にとりたい方へ。おすすめ記事↓

ガンプラにおすすめの撮影ブースはコレ!簡単、キレイにプラモを撮影できる!

 

みなさんもワクワクするガンプラライフを。